計画相談について

障害福祉サービス利用のための計画相談について

障害福祉サービスを利用するためには、厚生労働省の施策により計画相談をお受けいただくことが必須となっています。
お住まいの市より計画相談を受けるようにお話があった場合には、至急、相談支援事業所にご連絡することをお勧めいたします。 下記「計画相談をご希望の皆さまへ」もご確認ください。
見沼園あんしん相談室は相談支援専門員を専任で3名配置し、行田市のご利用者の相談を優先的にお受けできるよう体制を整えております。隣接の羽生市、加須市にお住まいの方も、できる限りお受けするよう努力をいたしております。なお、当相談室には、強度行動障害支援者養成研修(実践研修)および精神障害者地域包括支援研修を修了した相談支援専門員(常勤職員)を配置しています。

面談にご参加いただきたい方

  • ・ご利用者本人
  • ・親権者・後見人
  • ・ご利用者の日常生活に最も関係する方
  • ・その他、ご参加いただいたほうが良いと思われる方

初回面談で行うこと

  • ・あんしん相談室の説明
  • ・重要事項説明
  • ・お話の聴き取り
下記「面談でお聞きする内容(事前資料)」をご確認いただき、初回面談までにお考えいただいておりますと、お話がスムースに行きます。

ご用意いただくもの

(見せたくないもの、見られたくないものはご用意いただかなくとも結構です)

  • ・受給者証など、利用しているサービスに関する書類
    ・障害福祉サービス受給者証
    ・地域生活支援事業受給者証
    ・介護保険被保険者証
    ・生活サポート利用助成券 など
  • ・障害者手帳
  • ・健康保険証
  • ・かかりつけ病院の診察券
  • ・お薬手帳
  • ・18歳未満の場合は母子手帳
  • ・印鑑
  • ・その他 今後相談を進めるにあたり、相談員に見せたいと思った物等

添付資料